短大に通って資格を取得しよう│夢へ近づくドリームスクール

塾

最適な場所で学習する

勉強

もっと違う面

幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を手助けすることが目的とされています。管轄は文部科学省で、3歳児から小学校に入学するまでの子どもが対象です。保育時間は4時間で、お昼頃には帰宅になります。学校教育法を法的根拠としているのが特徴です。保育所はというと、共働きをしていて、子どもの面倒がどうしても見ることが出来ない場合い、0歳児からの受け入れも可能としています。厚生労働省の管轄で、児童福祉法を、法的根拠に置き、乳児から小学校入学前までの子どもを対象としています。保育時間は8時間です。大抵、保育所からの帰宅時間は16時ですが、どうしても保護者のお迎えが、16時に間に合わない場合は、延長保育といって17時ごろまで児童を預かって貰える場合もあります。この延長保育の時間帯は、各保育所によって様々です。契約は一体どうなるのか、という点ですが、保育所の場合は、家庭と市区町村との契約になります。幼稚園の場合は、幼稚園と家庭との個人契約になります。この点も1つの違いとしてあげられますね。

大学・短大

大学でそういった免許を取得した場合だと、中には社会福祉士の受験資格取得可能なところもあるというのが、かなりの利点になってきます。大学だと、4年制なので、その知識や技術スキルなどを学ぶにしても、ゆっくりと学べることができます。実習なども、何回かに分けて行くことができるので、「この前の実習の時は、こういう所を失敗しちゃったから、次はこんなふうに気をつけよう!」と、反省点を活かせるのも嬉しいところです。短大で、保育士や幼稚園教諭を目指す場合ですが、みなさんも御存知の通り2年制です。ということは、膨大の知識やスキルをこの2年間で頭に叩きこまないといけないわけです!!その量と期間だと、大学と比べてだいぶしんどく感じてしまうかもしれません。。。しかし、短大のいいところは、学費が大学の約半額。これは嬉しい価格です!もし、少しでも早く自分のスキルとして身につけたい!ということであれば、短大で学ばれることをオススメします!!!

短期で学ぶ

ステーショナリー

専門学校は、学校によっては保育士の資格しかとれないところもあれば、短大と提携して、2年間で保育士も幼稚園教諭もどちらも取得可能なところがあります。カリキュラムや指導方針を比較して選ぶのが良いでしょう。

現代の問題

学生

共働きが多い現代社会では、待機児童もかなり多いと言われています。その為、未就学児童もかなり多いのです。こうした悩みを解決するにも保育士は不足状態となっています。国の将来を考えると早急に解決すべき問題と言えます。

保育士の活動場所

学習

保育士と幼稚園教論は似たようなイメージを持たれることが多くありますが、基本的には別の仕事となります。子供が好きというだけで簡単に選ぶのではなく、仕事内容もしっかり理解してから決めることが大切です。